2018年03月31日

辰口「まつさき」旅館の売店にて額装の絵4点を委託販売中。

辰口「まつさき」旅館の売店にて額装の絵4点を委託販売させて頂きました。これまでの龍のカードを引き上げ替わりに置くことになりました。

20180331まつさき委託4点1000.jpg





posted by ライトーダ at 22:22| Comment(0) | 神聖アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月21日

White Angel

Angelbird_t2_5200white2_T700.jpg
 
最近編集した天使の絵。数年前に制作した「Angelbird」を全体に白くしました。






ラベル:天使 Angel
posted by ライトーダ at 18:53| Comment(0) | 天使・エンジェル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

楽がき天国『にわでお絵かき』

にわでお絵かき/ちらし.png
 
たんぽぽおはなし会
楽がき天国『にわでお絵かき』
2018年4月15日(日)10時〜12時
会場:ぎもとさんの家の中庭
対象:小学生親子 先着10組
参加費:ひと家族1000円(材料費500円相当込み)
 
中庭の地面にお絵かきしよう!
 
ということで、今度こんな企画をすることになりました。
地面に描くのは楽しい!天気になることを祈ります。
(雨天の場合はシャッター付きの倉庫内で行います)
義本さんに感謝します。クレヨン提供された方にも感謝します。
 
 
 
義本(ぎもと)さんがご自分のお宅の庭を提供してくださいました。
いったい子ども達は何人程来るでしょうか!
使用済みのクレヨンを集める呼びかけもして頂きました。



使用する画材は、クレヨン、チョーク、ペンキ。
チョークは雨が降れば一番最初に消えて無くなります。
クレヨンはその次に消えて行きそうです。
ペンキはしばらくは残ってくれるでしょう。

描きやすい素材を選んでもらいます。

ペンキを使用するのは補助線的な絵を先に描いておこうという考えから。
大まかなアイデア、進行方法などは幾つか考えていみました。
もうしばらく、時間があるので、どのように進めるのか再考します。



 
庭の写真を掲載しておきます。

20180313_162307.jpg

20180313_162237.jpg

20180313_162403.jpg

20180313_162433.jpg

20180313_162514.jpg

20180313_162446.jpg

20180313_162358.jpg

20180313_162319.jpg

ラベル:お絵描き 楽がき
posted by ライトーダ at 20:14| Comment(0) | ライブ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

トリプル・フラワーオブライフ・ブルー(Triple F.O.L blue)

TripleFOL_blue600T.jpg

トリプル・フラワーオブライフ・ブルー(Triple F.O.L blue)
色をチェックしたくて、CG遊びをしました。
 
--

今年はいつも出していた年賀状を出しませんでした。
 
せっかく年賀状を送って頂いた方々には申し訳ありませんでした。
 
それなら、初めから出せばいいのに(笑)ともいえるのですが、一度止めてみたかったのでした。
 
実際、数年に渡って年賀状だけのおつきあいの方も多くなってきました。
 
そのような関係もおかしなことだなと思ったりもします。
 
逆に、年賀状だけのおつきあいかと思いきや、本当に久しぶりに十年くらいぶりにお会いした方も昨年、数名いました。
 
それはFacebookがあったからといえます。展覧会の情報をこまめに出すことで、わざわざ展覧会に足を運んでくれたりしたのでした。以前の年賀状だけの世界では、全く考えられないような状況になっています
 
それでやっぱり、年賀状を送って頂いた方々には、しばらくして何かしらの送付をしようかなとも思っています。でも、どうするかはまだ未定で分かりません。
 
自分の消息については、FacebookなどSNSも充実してるし、携帯で分かるといえば分かります。
 
こんなことをしたのも、年賀状を出さないことによるメリットとは何か!というメルマガ「発想源」をヒントにした実践でもありました。
 
まあ、年賀状を出さなくなる人は何も言わずに出さなくなるのがほとんど。
 
こうして年賀状を止めてみると、年賀状や、暑中見舞いなどの常識的なこと、世の中的なことについて一旦よく考えるよい機会になります。
 
ということで、
とにかく今年は気持ちの面とアート方面をもっとがんばります。
 
年賀状を出してる、出してないに関係なく、
今年もみなさまよろしくお願いいたします。
 
皆様にとって本年が善き年になりますように。
posted by ライトーダ at 22:33| Comment(0) | 神聖アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月03日

2018年初めの虹。

2018年が始まりました。
新年早々から2日続けて虹を見ることができました。
場所は石川県の手取川です。河口から6〜7kmあたりの河原になります。
今年皆様が、平安と希望と愛に満たされますように!


元旦に見た虹。
写真では、分かりずらいかもしれませんが、川の上に虹が重なってました。
虹は時間をあけて二度みました。とても虹の現れやすい天気だったようです。
風があり雲は厚く覆ってはいなく、雲間に太陽がすぐでてきます。
そして雨がところどころ降っているという状態です。
昼間の早い時間帯なので虹の円弧が低いです。

20180101_131952.jpg
手取川の土手の道の上、車を走らせていて、太陽があたるほど天気がいいと思っていたら、パラパラと雨が降ってきた。間欠ワイパーでも間に合わないくらいに降ってきた、ふと右を見ると・虹。思わず車を止めて撮影しました。まだ午後1時を回ったころだったので虹は低い円弧を描いています。撮影している河原一帯は雨が降っています。

20180101_131842.jpg
昼過ぎのころの時間帯に見る虹は珍しいかも。

20180101_131822.jpg
割と風があります。トップまで虹が架かってくれました。

20180101_132029.jpg
川の手前にも虹が見えます。タブレットで撮影したため解像度は低くぼやけた写真です。

20180101_144409.jpg
最初に見た虹からしばらく、1時間程後にもまた虹が出ていました。今度の虹は左側の立ち上がり部分のみでした。


20180101_144643.jpg
虹は全体には見えませんでしたが、もし全体が出ていたら、さっきの虹よりも円弧が上まで立っていたはず。
太陽が低ければ低い程、円がより大きく立って見えますね。



2日に見た虹。
場所は昨日の元旦と同じく手取川です。昨日より少し川下です。時間は午後3時半過ぎ。
雨だったのですが、少し晴れ間が見えてきたので出かけてみました。すると、ほんの数分でしたが出ました。
その後しばらくもう一度見えないかと待ってみましたが、昨日のようには出てきませんでした。

P1020128_2000.jpg
虹の出だしたころ。初めはほんの微かでしたが、みるみるうちに濃い虹に輝き出しました。

P1020124_2000.jpg
昨日のこともあったので、タブレットだけでなく、デジカメも持参してでかけて正解でした。虹のすぐ左に、PLANT3が見えます。

P1020123_2000.jpg
虹のトップまでしっかりと現れたのは、ほんの数秒でした。

P1020126_2000.jpg
手取川大橋に架かる虹。

P1020125_2600.jpg
メインの虹の輝きが強くなると、その外側にももう一つ虹が逆向きの色の並びで現れ出しました。薄いですがかろうじて分かると思います。

P1020127_2000.jpg
手取川大橋の奥に見える山は鶴来方面で獅子吼高原があります。
冬の時期は登れませんが、田植えの頃にこの獅子吼高原から手取川を眺めると田んぼに張った水が夕日に反射してとても美しい鏡のようになった美しい風景が見渡せることで有名です。


20180102_153611.jpg
虹が消え出したころ。タブレット撮影にしようとデジカメを置いているあいだに虹が消え出しました。今回の虹は本当につかの間でした。

20180102_153616.jpg
手取川と手取川大橋と観覧車(手取フィッシュランド)も一緒に。この写真はタブレット撮影。


posted by ライトーダ at 19:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

木造の家の外壁に花鳥の絵「希望」を描きました。

PC220083.JPG

12月22日(金)、丁度一週間前に長い間描いてきた壁画が完成しました。

この家は石川県能美市にある義本様の新しく新築した別棟の家です。

斜面に面した土地に2階建ての一棟を建てています。

一階と二階の2カ所に玄関があります。

描いたのは二階の玄関横の壁面です。

外壁面は木材の板に塗料を塗ったサイジングの部分です。

描く面積はおよそ2メートル×2メートルより少し広いエリアでした。

壁の前はカーポートになるため、しばらくすればカーポートの屋根が付きます。

そのカーポートが付く前に制作していました。

夕方には西日を受ける方向です。

11月12日にスタートしてから、晴れた日に、または晴れている1〜2時間の間をめがけて描いていました。

それらの経過を含めての写真を掲載します。

PC220091.JPG
11月になって日が傾き木が影が大きく家にかかってきました。

PC220089.JPG
完成直前の状態。夕方になる前に晴れているときにと思って撮影しました。


花鳥のイメージ

家主は花鳥が好きだということをプロデューサーから聴いていました。

これまで花や草のイメージをよく描いていたのである意味ピッタリでした。

現場の壁画にかかる前にはスケッチを何枚か起こしています。

スケッチは3日ほど使っています。

PA220001_2000.jpg
スケッチの一枚



壁画は天気に左右される外での制作

スケッチを含めると合計17日間の晴れ間に制作しました。

外で絵を描くというのは天気に左右されます。

天気いかんで制作の日程が大きく変わりました。

そのことも今回の体験の一つです。

その内1日は曇り模様の天気が小雨から本降りの雨に変わる時間にテントを張って制作してみました。

しかし雨だと、雨水がテントに溜まります。

その大量の水がかなり溜まって、もう落ちると分かり止めました。

雨でも描こうと思えば描けますが、かなり効率が悪いです。

だから、晴れた日に落ち着いて描こうと思えました。

雨の日にも描く体験ができたということです。




20171117_133853.jpg

初めてに近い油性ペイントでの制作

後に成って計算してみると、14日間現場にいて制作したことになります。

1日一回のセッションとして、一回はおよそ2時間でした。

長いときは3〜4時間ぶっとおしということもありましたが、それは1日くらいです。

短い時は1時間程です。

平均して1日に2〜3色の色を置いていきました。

20171117_164517.jpg

画面が大きいので一気に描けなかったということもありますが、外壁用のペンキの乾きが早いためもという理由もあります。

油性ペンキを使ったのは、外壁だからです。

最初に絵具を選ぶときに、希望はアクリル絵具でした。

しかし、施行に携わるTAKATA建築のプロの考えとして、耐光性、耐性を考え油性ペンキに決定しました。

外壁用として、油性ペンキが塗料の中で最も安心できるからです。

もともと油画を描いたことがほぼ無いので、まるで油絵を描いている様なものなのだろうかと想像しながら描いていました。

ペンキはとにかく乾くのが早いのです。

乾いた時のために、塗料の粘度を緩めるため、一応薄め液は用意していました。

ですが、潤め液を加えた状態は、薄い絵具になり薄い表現には向いています。

また塗料が垂れて流れてしまいます。

まだまだ油性の塗料に慣れていないということもありましたが、薄め液は入れずに原液のまま油性ペンキを使うことにしました。

とにかく、絵具が垂れないようにするためです。

床には絵具が落ちた時のための保護のため、養生シートは敷いていますが、風で外壁に飛ぶこともあります。

実際にそのようにして壁に飛んだのは一カ所一滴ほどでした。

そこの補修に壁と同じ様な色をぬれば目立たなくなります。

油性ペンキはアクリル絵具ほどの色数がそろっていません。

あまりにも少ない色数です。

これまで水性のアクリル絵具に慣れていたので、描きずらい面はありました。

しかし、それはそれ。

描くしかありません。

また一つ技術を自分なりに習得する機会でした。

20171207_151358.jpg

原色に無い色は、混色しました。

特に紫は原色では見当たらず、青と赤、白やシルバー等を混ぜてみました。

シルバーは、色を薄める役目もありましたが、反射光るので面白いです。

絵具皿は使い捨ての紙容器を使いました。

透明や半透明のプラスチックコップだと油性ペンキが通過して穴があきました。

ある程度の厚さのある紙だとペンキは通過しませんでした。

紙皿に絵具を3色前後のせて、混色しながら塗って行きます。

あまり大量に絵具を紙皿に乗せておいても乾いてしまいます。

そのようにして描ける文量は決まっていました。

20171127_162152.jpg
制作途中の状態。ここから色が変わっていきました。



その日の最初に描く色を決めてから制作

面積が大きいと、一気に描きたいと思っても描けません。

ある程度計画を立てて進めます。

最初はスケッチをそのまま拡大する。

色付けの初めはメインの色となるグリーンを中心に塗り出す。

少しずつ色を加えていく。

20171123_152722.jpg

できるだけ単純にならないように、多色になるように意識しました。

多色だと様々なイメージを出し易く、観る人も受け易いです。

賑やかです。

いろんな色があるので、色んな心の状態でも見ることができます。

赤やオレンジのように元気で活発な状態の時に見ることができる。

逆に言えば、赤やオレンジをみることで元気に活発にもなれます。

水色や青色ですっきりとしたり爽やかさや静かな感覚を受けることもできます。

色にはいろいろな心理効果がありますから、多色だと様々は人の様々な状態にも対応できることになりそうです。

20171127_162350.jpg
背景の紅葉が綺麗です。向こうに見える紅葉は石川動物園や丘陵公園側です。能美市は丘陵があるため自然の中に町がとけ込む感覚があります。


今回のテーマは感謝と愛と希望

家主様は、能美市のこの地でいろいろと貢献されてきた方です。

芸術、アートの方面に関して尽くしてくださったかただと聴いていました。

普通、家を立てて外壁に絵を描かせてくれることなどめったにありません。

こんな機会はあまりなくのです。

この仕事に感謝してありがたく受けました。

地域を愛してくれたことに感謝して少しでもお返しができるようにという願いもありました。

また、この絵をずっと見ることに成る地域の人たちに、この家を訪れてたまたま見てくれた人に感謝の気持ちを込めています。

これからこの地がさらにアート方面で豊かになりますようにという願いも込めています。

20171129_162132.jpg

20171203_114145.jpg

20171207_125846.jpg

20171207_135416.jpg

20171207_151411.jpg

20171209_135652.jpg

20171209_135701.jpg

20171209_135712.jpg


20171210_131831.jpg

この絵の中に鳥が3羽飛んでいることに気づきましたか?

家主さんが花鳥好きだということから、花のような模様と鳥が描かれています。

「この絵に鳥がいるのが分かりますか?」と会う人に質問しました。

見ての通り花のイメージはすぐに分かります。

しかし、鳥をこの絵からすぐ見つけた人は割と少ないのでした。

子どもでも見つけられる場合と見つけられない場合があります。

見つける人は、すぐに見つけました。

画面の右に向って、鳥が3羽飛んでいます。

大きく羽根を広げています。

左からお父さん鳥、真ん中にお母さん鳥、一番右に小さな赤ちゃん鳥が飛んでいます。

簡単なトリックアートとも言えます。

でも、びっくりさせるようなトリックアートのような大げさな表現はしていません。

愛と希望に満ちた感覚になるように意識しました。


20171210_131815.jpg

20171210_131732.jpg

20171210_131754.jpg

PC220111.JPG

PC220083.JPG



 
posted by ライトーダ at 15:41| Comment(0) | デコル・マルカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
写真素材 PIXTA