2017年02月12日

麻生太郎が裁かれ刑罰を受け滅亡しますように!

「麻生太郎」こそ人工地震「3.11」と「熊本地震」を起こした主犯格である可能性大。

RAPTにて、麻生太郎の極悪が更に証明されました。
コンクリート利権であり、電力利権であり、支配者層となって思うがままに好き勝手なことを行って来たことがよくわかります。是非、この事実を確認されてください。

スクリーンショット(2017-02-12 18.06.03).png

RAPT


Raptさんの記事には麻生太郎についての記事が満載されています。一読ください。
そして、麻生太郎の罪が公となりますように!
麻生太郎が公正に裁かれ刑罰を受けますように!
イルミナティートップの麻生太郎が滅亡しますように!



posted by ライトーダ at 18:07| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本当のことを知るために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

そもそも原爆は存在しない。

通説では、放射能は300年経たないと千分の一にならないと言われています。
広島、長崎、チェルノブイリ、福島。
これらの地域で爆発したとされる原爆や原発は事実として知られています。
広島ですらまだ100年も経っていません。
そこに住む人間が現在います。
これらのどの地域にも住んで生活しています。

広島、長崎で特に癌や白血病の人が多いのでしょうか。
国がその患者数を隠蔽しているのでしょうか。
原爆が爆発して放射能がまだ残っていると思って
そこに住む人や、訪れる人がどれほどいるのでしょうか。

本当にその地にまだ消えるはずのない放射能があるのなら
とても危険で近寄れないはずです。
しかし大勢の人たちが既に住み続けています。
不思議ではありませんか?



Rapt 原発も原爆も存在しない。

RAPT×読者対談〈第56弾〉原発も原爆も存在しない。(前編)












・チェルノブイリの爆発があった時、チェルノブイリで大量に出たという放射能が日本にも来ると言われていた。しかしその後、放射能でがん患者が増えたこともなく、日本海側の魚も普通に食べていて問題も無い。

・広島、長崎も本当に放射能汚染されたのか?戦後まもなくからずっと人が住んでいる。その後、広島や長崎で癌になる人が多いこともない。(統計記録の図を見れば分かる)

・外部被曝がほとんどなく、内部被曝ばかりの情報が出回っている。チェルノブイリに行った人で本当に被曝したのなら、何故外部被曝である証拠の皮膚が爛れるということが無いのか。

・福島で甲状腺癌が増えているというが、ヨウ素剤のせいで癌になるという事実がある。もしこれが本当であれば悪魔的なことである。

・そもそも原爆があるのか?アメリカや北朝鮮が原爆実験をしたその放射能はどこに行ったのか?

・キノコ雲が核爆弾というのは本当なのか?核爆弾自体が本当なのか?

・そもそも原子力発電所自体が本当なのか?一基5000億円ほどかかるといわれているのだが、嘘ではないか?ただの建物、水力発電の建物にすぎないのではないか?

・広島、長崎も調べれば調べる程うさんくさい。被爆者の写真を検索しても、被曝の例として出てくるホルマリン浸けの写真はあるが、少なすぎる。規制されているのだれろうか?

・核爆弾があるとして、落ちたのは広島と長崎だけなのに、それ以外にアメリカとソ連が大量に造ったはずの爆弾を使っていない。テロリストに渡ったなどと言われているのに使われてもない。

・原発が全部停止していたのに、一切電力が足りなくはならなかった。福島原発爆発後に一時期だけ電力が足りないと言われいたが、その時だけであり、その後は電力不足など無かった。

・原発を正当化するために原爆を落としたのではないだろうか?


カレルギー

セシウム137



posted by ライトーダ at 20:16| 石川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 本当のことを知るために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

Raptブログから/電力は自給自足すべき 原発は存在しない

rapt3.png

rapt2.png

rapt1.png


毎月の電気料金の変わり方が極端なのは、操作されている可能性がありそうです。

全国には多くの電力会社がありますが、電気使用料金の月毎の使用料の記載があまりにも大きい場合には要注意です。もともと、ぼったくりシステムで成り立っている電力会社ですから、悪さをしていると観て対応したほうが懸命です。

下記のリンクは、Raptブログの昨日の最新記事で、音声をアップされています。内容は電気料金についてあまりに月毎の落差があることに対して苦情の電話しているところです。相手は四国電力です。

〈特別企画・電力会社×RAPT対談〉今こそ我々はすべての電力を自給自足すべきである。


この記事を読まれている方で毎月の電気料金を自覚されている方、一度チェックして観て下さい。


---------------------------



原発は存在しない。



Raptブログにより、様々な悪が暴かれてきました。

原発は存在しない。

これが、Raptのひとつの大きな情報です。

日本人と世界に向け、大きな嘘を暴いたものです。



このことを、何度か知人友人に話をしました。

でも大概は、何を馬鹿な事を言っているという対応です。

単なる陰謀論として捉えられます。




なぜ、原発は存在しないと言いきれるのか。

原発が無いということは、放射能が無いということを意味します。

放射能汚染が存在しないということです。



そんなはずがないと、普通は思います。

あれだけ、さんざんテレビや新聞で放射能の危険を聞かされました。

でもそのテレビ(メディア)が全て嘘なのです。




1945年(昭和20年)8月6日に落とされた広島の原爆、

1945年(昭和20年)8月9日に落とされた長崎の原爆。

どちらも放射能により被曝されたということになっています。

放射能はプルトニウムを筆頭に人体に危険な数種の元素から発せられると言われています。

放射能が、一度その地に漏れ広がれは何百年、何万年と時間が経過しないと消滅せず、

それまでは、そこに残り生命系に悪影響を及ぼし続けるとされています。

人々は爆弾に関する知識をなにも知らされず、放射能と放射線による恐怖に怯えました。

そして人は爆弾の落ちたその地で生きることが不可能となる。そのはずでした。



ところが、広島に原爆が落ちた翌日から人々はそこに住み続けています。

原爆の理論や核や放射能や放射線のことをなにも知らない人たちが大半です。

爆弾投下後も悲惨な状況にも関わらず、人々はたくましく生き続けてきました。

福島原発も同じく近くには多くの人々が住み続けています。

福島も広島も核爆発があった訳です。

なのに、次の日から人々はそこに住み続け現在まで死ぬこと無く生きています。




広島原爆の時、地面に埋めてあった味噌を食べれたから

被曝せずに済んだという話もネットで検索し読んだ事があります。

でも、そんな味噌を食べなかった人も圧倒的に多く、その人たちも生き残っています。




本来なら何百年も消えることのないはずの、放射能のある所に生活し続けました。

水も食料も空気も大地も汚染されたはずなのに。

大量に拡散されたという核による放射能や放射線を発する物体が日本中にあるはずなのに

大量に人々は死んでいるはずなのに、現在も生活を続けられています。

放射能汚染されたといって、いまだにいじめに会う人たちがいると聞きます。

無知から来る、あってはならないいじめです。



放射能があるはずの所に、ずっと人は住み続けている。

この簡単な現象に気付けばいいだです。

この理屈は小学生でも分かるかもしれませんね。例えば、

触ったり吸ったりしたら必ず死ぬ粉のようなものが散らばっている土地に

長いあいだ住み続けても、死なないのはなぜですか?




国の方針で全国にばらまかれた、

福島の土や農産物を使った拡散も、危険は全くなにも無いです。

もともと、危険物ではない放射能という架空のものですから。

原発は塩水発電です。大きなタービンを回しているだけです。

(この理屈については是非、ラプトブログをお読みください。)



危険では無いものを、あたかも危険だとして

人々を騙し続けている、悪なる人間たちがいます。

大きな嘘に騙されてはいけません。

この嘘により、大きな利権が生まれ

一部の支配者層は儲かり、一般国民は疲弊してきました。




核技術、原子力発電の原理など本を読んだりネット検索しても

ほとんど完全には理解できず意味不明のまま終わります。

様々な理論がありますが、専門用語の嵐で煙に蒔く説明ばかりです。

専門用語で一般には分からないだろうということになっています。

ウィキペディアで専門用語の検索を続けても堂々巡りとなります。




原発の嘘は付き放題の設定になっています。

一般的に分からないとうことは、誰も本当の事を知れないということです。

それが嘘だとしてもだれも嘘だとは思わなくなり、

放射能とは、そんなものなのだと考えるのを止めてしまいます。

結局、放射能が人体に危険なものなのだと思わされます。




だれも理解できない放射能を扱うのは、

国をバックにした電力会社と建設会社や機械設備などの製造会社。

または、核爆弾を製造・開発する会社、軍産複合体。




危険物だから、扱うのに多額のお金をかけなければならない。

危険回避するために多額の投資をしてシステム構築しなければならない。

もともと全く危険でもないものを、あたかも危険だとすることで

いくらでも経費、予算を計上し、いつでも上乗せ出来ることにしました。

核爆弾は超強力な危険物だとして映画にも登場してくる。

しかし核爆発などではなく、それはマグネシウム爆弾による爆発である。

この点についてもラプトブログでは解説しています。




世界中にいったい何発の核爆弾があるのでしょうか。

地球を何度も完全消滅させるくらいといわれていますね。

北朝鮮も核爆弾をちらつかせています。

持っていること自体がかなり危険な行為なはずです。

事故れば自滅するシロモのです。そんなものを本当に何個も持つのでしょうか。

そんなふうに想像すると世を支配する統治者は愚かな人たちだと思います。

きっと頭がおかしくなっているのだろう、狂気が入っているのだろうと

そんなレベルで思考停止していませんか。

でも、それはすべて悪なる大きな嘘だったのです。






現在、悪に統治され尽くしたかに見えるこの世界ですが、

Rapt理論を知れば、その悪なる嘘からくる不安は消滅し開放されます。

Rapt




上記の文では説明不足ですので、気になるかたは是非Raptブログをお読みください。

またはラジオトークをお聞きください。聞くだけです。




福島原発がどうのこうのというニュースは、最近あまり出なくなりました。

放射能は5年やそこらで消えるはずの無いものだったはずですよね。

ニュースは消えても、心のどこかに放射能汚染の不安が残されただけではないでしょうか。

もともと放射能など無かったと分かったのですから、心配無用なのです。

では、なぜそのような嘘を国揚げてつき続けるのでしょう。




ラプト理論を知ったのは6月頃で、相当量の一般記事を毎日読み進めました。

最初は、秦氏や出雲族の歴史のところから入りました。

ラプトブログの一般記事は、広範囲に渡ります。

歴史、原発、癌、イルミナティ、天皇、政治、などなど。

歴史関連の記事を読めば、秦氏、出雲族、大和族、源氏、清和源氏、島津家、毛利家、豊臣家などの流れが現在もそのまま続いていることが分かります。そして全てが繋がっていることに驚かされます。





文章による記事は文量が多いため読むのには時間がかかりました。

しかし、これは真実であり本物だという直観から現在まで毎日読み続けています。

音声記事も同じ記事を何度も聴けば分かる事が広がってきます。




私たちはほぼ完全に洗脳されてきて、多くの場合悪による統治に気付いていないです。

まずはこの世には悪魔、悪魔に乗っ取られた悪人・人間サタンが存在することを知ること。

そこまで人は酷い悪人にはなれないだろうとは思わないことです。

悪人はどこまでも悪で、善人を装います。

自分の中の悪を気付かず悪を行う悪人と、

自分が悪だと分かって悪を行う確信犯である悪人がいます。

悪も仕方なしと思い、それをよしとした考えは捨てなければならないということです。

でないと、いつもまでも悪に支配され続け、

奴隷とは気付かずに奴隷として苦しみながら生きる事になります。



ラプト理論を知れば、

現在、悪に統治された世の中がどのような仕組みで動いているのかを大局として捉えられます。

先ずは知る事です。

悪がどのようになっているのか。

悪人はどのようにして悪を行っているのか。

そこからどのようにすれば悪の統治から逃れ

悪を滅亡させ、善の統治になるかを知り行動することができます。

この世に開示されたラプト理論に感謝します。






posted by ライトーダ at 14:11| 石川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 本当のことを知るために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月29日

坂口恭平の動画

【ニコ生】山本太郎 X 坂口恭平【山本太郎、首相官邸抗議の後の対談】





1 【福島・原発】 宮台真司×坂口恭平(新政府初代内閣総理大臣)2012/6/10





独立国家のつくりかた【super wakuwaku live talk】





坂口 恭平 勝手に街頭演説







タグ:坂口 恭平
posted by ライトーダ at 22:03| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本当のことを知るために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
写真素材 PIXTA