2015年06月05日

アプ星のイメージ画

GALASSIA X-9 SUN_700T.jpg

掲載の絵(イメージ画)は、「アプ星で見て、知って、体験したこと@ - むかし、むかし、地球は アプ星の一部だった」/ブラド・カペタノヴィッチ/やよしけいこ訳〈ヒカルランド〉という、SFでスピリチュアルな本の読書感想画です。アプ星という星は人の意識に反応して花や家や壁、机、そして空間までも虹色に更にそれ以上の色域で変化するという、ありえないような情景を描いています。本で広がる風景のそのものを表現していませんが、自分のアレンジでイメージを膨らませています。





posted by ライトーダ at 22:45| 石川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 神聖アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
写真素材 PIXTA
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。