2013年12月26日

PURE DATAの始まり

PURE DATAを始めます。

今年の秋のイベントで会った音楽家でもあるマルチなアーティストから教えてもらったソフトの「PURE DATA」。オリジナルの音楽や視覚表現のためのツールです。難解なプログラム言語を使わずにパッチコードによりプログラムを作成できるソフトであり、ゼロから音を創ったり、インタラクティブなインスタレーションのためのプログラムを作成するのにも向いているものです。

情報を聞いたすぐ後にフリーソフトである「PURE DATA」のMac OS版をダウンロードしインストールは完了していました。Webの情報から簡単な解説と簡易チュートリアルをやってはいましたが、やはり詳細にまで触れておらず、これは本を読み進めるしかないかと思って時間が過ぎていました。

昨日、新しくできたTSUTAYA小松店に行くとなんと「PURE DATA チュートリアル&リファレンス/美山千香士 著」の本が置いてあったのでした。高い本だけど・・・一日迷って、好きなパン食を10日間我慢することを条件に課して購入決定です。

さてさてどこまで行き着けるのか、兎に角粘ってみることにします。

PURE DATAチュートリアル&リファレンス

PURE DATA - Chapter 1 to p37

本日はP37まで。基本の基本からです。左から各々、三角形の面積の計算、二乗の計算、同じく二乗の計算、円の面積を出すプログラムです。

PURA DATAを使う目的は音を創ったり、インタラクティブなインスタレーションで遊ぶためです。チュートリアルを進めていきパッチコードに慣れて、独自の音を発生させることが当面の目標になります。




posted by ライトーダ at 19:49| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PURE DATA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
写真素材 PIXTA
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。