2012年07月29日

韓国の扶余にて…3

韓国の扶余にて…3

扶余の街や家でみかけた龍といろいろな文様のかたち。(2012.7.29)

IMG_7578_1000.jpg
ホテルに飾ってある香炉のレプリカの脚の部分が龍になっています。

IMG_7583_1000.jpg
その頭の方は鳳凰になっています。

IMG_7612_1000.jpg
扶余ではこの形は定番で使われています。

IMG_7613_1000.jpg
チープな使い方で、蓮の軒瓦文様。

IMG_7622_1000.jpg
百済の王族が使っていたという頭につける飾りの形。

IMG_7629_1000.jpg
韓国の琴、伽椰琴(カヤグム)の端っこに付いていた文字文様。

IMG_7636_1000.jpg

IMG_7602_1000.jpg

IMG_7660_1000.jpg
全て手作りの扇は和紙を両面表を使っています。センターの文様は出土した軒瓦の本物から拓本にしています。

IMG_7694_1000.jpg

IMG_7695_1000.jpg

IMG_7698_1000.jpg

IMG_7708_1000.jpg

IMG_7713_1000.jpg

IMG_7716_1000.jpg
出土された軒瓦が約200種類にもなる。その瓦を拓本にしたリアルな時代の流れに沿った大きな掛軸。その一幅。

IMG_7722_1000.jpg
百済の王族が使用していた冠の文様を本の表紙に飾ってあった。

IMG_7724_1000.jpg
壷に龍の絵。

IMG_7742_1000.jpg
この三日間の中で歩道でよく見かけた文様。土足で踏まれていないので一番綺麗でした。

IMG_7751_1000.jpg
龍を紹介する本に出てくるどこかで見た形。その本物からの拓本だとか。

IMG_7763c_1000.jpg
自然石そのまま、龍に見えますか?

IMG_7798_1000.jpg
瓦博士から貴重な拓本を見せて頂きました。瓦の拓本にたどり着くまでに様々な形に出会いました。一時で過ぎ去るにはあまりに贅沢な数々でした。

IMG_7821_1000.jpg

IMG_7830_1000.jpg
韓国の国旗には三つ巴が使われています。その三つ巴の典型的なバリエーションを家具の金具に使っています。

IMG_7845_1000.jpg

IMG_7858_1000.jpg

IMG_7884_1000.jpg
石臼を玄関までの踏み石に使っていました。






posted by ライトーダ at 23:30| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 百済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
写真素材 PIXTA