2012年04月09日

扶余 忍冬華文塼

扶余(ぷよ) 忍冬華文塼

忍冬華文塼300.jpg

 「忍冬華文塼」は日本読みで「にんどうげもんがわら」または「しのぶばなもんがわら」と読むのでしょうか。「忍冬」は「にんどう(スイカズラ)」のことで、「塼」は、「かわら」です。

 この文様は円の4分の1の形を90度回転コピーした図ですが、唐草の一枚だけが長く伸びて円周上につながっているのがポイントの図です。これによって回転する巴のようなイメージにも近くなっています。ちょっとしたアレンジを楽しんでいるように感じます。

出典/東洋文庫 梅原考古資料 画像データベース



以下の図は「忍冬華文塼」とは違います。その図自体からのマンダラ風アレンジです。

忍冬華文塼300kale6.jpg





パンチ
posted by ライトーダ at 17:54| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 百済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
写真素材 PIXTA
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。