2012年02月11日

Flower of Life/ドキュメント映画「THRIVEスライヴ」

Flower of Life

フラワー・オブ・ライフの図形

FOL_t600.jpg



THRIVEスライヴという映画があります。
http://www.thrivemovement.com/(英語板)
日本語はニコニコ動画でみれます。(外野の字幕入りですが)
http://www.nicovideo.jp/tag/THRIVE

 スライヴの映画の最初の方に出てくる図形は、Flower of Lifeフラワー・オブ・ライフの図形です。この図形はメルキゼデク・ドランバロの書籍「フラワー・オブ・ライフ」で知りました。上下巻とも読みました。本日掲載の画像の白抜きになって見える所の図です。


 この図はエジプトの遺跡の一部に刻印されていて、レオナルド・ダ・ビンチも研究していた図です。ドランバロはスピリチュアル系の中では有名な人です。フラワー・オブ・ライフの図形は細胞分裂から宇宙の形にまで広く共通する型だと説明しています。

 パワーのある図だと思います。世の中にはいろんなビジュアル、図形がありますが、その中には見ているだけで人に影響を与えるものがあると思います。意識的にも無意識にも働きかける形があると思います。図だけでなく、色や音もそうですね。

 THRIVEスライヴでは、世界がごく一部の権力を持った人たちによって操作されていることを、分かりやすく示しています。人口削減策はすでに取られています。金融・食料・医療・エネルギー・保険・メディア・教育・炭素を使って世界をコントロールして、さらに強化しています。映画スライヴでも説明していますが、支配者による意図的な人口削減計画は進行中です。

 心の狭い恐ろしい連中の話なのですが、この映画の後半がよいです。対策法を示しています。



 マトリックスという映画はSFですが、この世界がコントロールされていることを置き換えて表現している映画だと思います。知らないままだと、生まれて死んでいくまでになにも知らないままです。スライヴの情報は、現在の世界がどのような仕組みで動いているかということを知るためには大切な情報です。

 もし初めてこのような情報を知ったとしたら、かなりショックでありえないと思うかもしれません。または、嘘だろと思うかもしれません。時間はかかるかもしれませんが現実です。支配するためには支配者は本当の情報は言わないです。逆に反対のことを支配下にあるメディアを使って言ったりします。


 日本の村社会と言われる中で、どのように行動するかというのも難しいことかもしれません。映画スライヴの情報を理解できて、現実としてとらえても映画で言っているようにポジティブな行動をするためには、まだ気づいていない、正確には知らない人たちが多いとスムーズには進みません。大きな潮流・パラダイムシフトをするためには一人一人の意識変革と行動なのですが、その行動はマイペースでいいと思います。無理してリバウンドすることもなきにしも。しかし本当のことを知ることは、つらい現実があっても清々しいものだとおもいませんか。

 ある意味どこにても試練というかポジティブになれるかどうかだと思います。ただし支配者構造のことを知らない状態でのポジティブと、支配者によるコントロールがよく分かってしまった状態でのポジティブでは、それぞれ具体的な行動の差があるのではないだろうか。どちらもポジはポジでいいのですが、人それぞれに思う所が違って逆の方向になることもあると思う。

 だけど、愛。愛だろやっぱり。それを分かって、争うのではなく、競争するのではない世界を目指して。自分自身を含めて多くの人が、映画スライヴを観ることによって、まるで奴隷のような制度から解放されるために、少しずつでも動きだしていければいいと思う。


 最後に付け加えておきたいことは、スライヴのビジュアルには、なにか隠したいという心理が働いた絵ではないかというイメージを見た最初に思いました。内容をチェックする前のことです。負のイメージがありました。真っ当にこれは面白いから見てくださいねというメッセージじゃなく、極端に言えば見ないと損するよみたいなイメージでした。ポスターやDVDパッケージのメインビジュアルの女性の目隠しを外したビジュアルのことです。一概には言えませんが、すんなりとOKなイメージではなかったです。支配者側からの巧みなコントロールが入っていないとも限らないですね。支配者層の全体の流れとして把握するにはコンパクトにまとまっていると思います。


 さらに、追記です。やはりスライヴにはコントロールが入っているようです。既に古くなった闇の構造や手口を見せて安心させる一方、見えない仕掛けがあるとのこと。詳しくは本日までの記事で終了されるというブログ「アセンションは究極の自己啓発・理想の実現」を観ていただければわかるかも。ここまでくるとSFを超えてます。この「アセンションは究極の自己啓発・理想の実現」というブログは2月21日に閉鎖すると宣言しています。
映画Thrive(スライヴ,スライブ)は陰謀だった。新たな戦略の開始、予告の暗示



映画「スライヴ」に関する参考サイト。
http://sekaitabi.com/thrive.html


ぴかぴか(新しい)
 
posted by ライトーダ at 23:42| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神聖アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
写真素材 PIXTA
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。