2012年02月07日

multiface/飽きるまでやって飽きないところへ

multiface

multiface600_2_128f_t.jpg

以前作ったイメージのバリエーション。

 やはり最初に大きめの画像を制作するに越したことはないのですが、イメージをひたすら出したい場合には、時間を早くテンポよくするため、小さめのサイズになる。限りなく時間ロスをなくして集中してイメージの中に入っていきたいから。だから使っているマシンで快適に動く状態での、できるだけ大きめサイズで作る事になる。小さすぎるとディテールが出ないし、大きすぎると待ち時間が苦痛になる。

 小さいサイズでの進行は確かに早くイメージを作れて、面白い物も出てきたりするのですが、いざその出来たイメージを使い回そうとすると、サイズが小さいばかりに使いものにならないことが多い。例えば1,000pxくらいだと使えない。2,000pxでも小さくて、最近まで3,000pxが大きめだったけど、今は5,800pxはいると思っています。結局最初に軽く作った時の事を思い出しながら、設定をチェックしてもう一度同じイメージをリメイクというか作ってみる。

 その作り直しのときはイメージが最初に生まれた時の感動は残っている時もあるけど、ダイレクトでないだけに弱くなっている。強いイメージが蘇るのだとしたらそれは強いイメージ、パワーをもったものだということ。もう過ぎ去った昔を思い出しているのだから仕方がないが、だけど、リメイクはリメイクでその時にまた新たな別の面の面白さがでてくるから面白い。同じことを繰り返しやっていても飽きない部分がどこかにでてくる。飽きるまでやって飽きない部分にあたると、また一つ得した気分になる。

 飽きるまでやってて、本当に飽きてしまうと、どうしようもなく苦るしくなってくる。苦しいままで終わる事もあるけど、その時にヘコんだピークのままで終わらずに少しでも持ち上げて納得したところで終わらした方がいいみたいだ。





ぴかぴか(新しい)

posted by ライトーダ at 23:13| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神聖アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
写真素材 PIXTA