2012年02月01日

FlowerLight

FlowerLight

FlowerLight_t500.jpg



ミックスのミックス

ミックスした画像とミックスした画像を、またミックスする。

この繰り返しで画像イメージを作っています。

ミックスは好きで、一から作ることよりも多いです。

ミックスするのが面白いのと簡単にできそうだからです。

できそうであって実は簡単ではないこともよくあります。




自動化

ここ2〜3日、自動化のことを考えています。

これまで作ってきた画像、絵、これからも作り続けるこれらの画像や絵のイメージを

自動的に販売できないものだろうか。


ホームページを通してこれまでに絵、画像を買って頂いているのですが、

自動ではありません。メールを頂いてメールでご返事して、またメールでやりとりして、

最終的に確認が取れて始めて絵をプリントします。

梱包して発送するために宅配便に持っていきます。

それなりに手作業の時間がかかっています。

これらの部分を自動でできないものだろうか。

現在はWebアプリケーションが発達しているので、

どこかにあるはずだと思って探している途中です。



これは販売者側の都合ですね。

絵を購入しようとしているお客様にとっては販売者側のことなどどうでもいいのでした。

いかに買いやすいかだと思います。煩わしいメールのやり取りなんて敷居が高すぎ。

というか面倒なことです。それでもメールを下さったお客様にはとても感謝しています。

欲しいと思ったときにすぐに手に入らないということが、

一つのデメリットなのではないだろうか




早速本日、見つけたのは、写真やイラストをプロアマ問わず登録して販売できる

写真素材サイト。PIXTAというサイトです。

写真画像を探すときにはよく検索結果に出てきて何度か訪れたこともあります。

クリエーター登録をして一点だけ画像をアップしてみました。

まだ登録しただけで、審査に通って始めて、販売開始となります。




自分の作った画像が客観的に認められるかどうかという小さなテストにもなるので

ドキドキです。期待はしてますが、もし通らなかったら

どこが受け入れられないのか考えないといけないです。

この自動化はこれからの収入源の入り口として要になっていくと捉えています。

たとえここがダメでも腰を据えて取り組んでいこうと考えています。

審査に通ってお知らせできればいいのですが…。



登録までは、少し難関


さて、画像をアップするまでには、かなりのステップがありました。

規約、使い方、画像についての注意事項、著作権、キーワートとしてのタグ付けなど。

質問に答えて全問正解でないと次に進めない箇所もあり、自動で勉強させられます。

ロイヤリティーについて、タグについて、熟考することになります。

気軽にポンと載せれるようなものではないです。

PIXTAはさすがにしっかりしていて、ここをクリアしないと進めないのです。

自動化に少しでも近づくために頑張ろうと思います。


posted by ライトーダ at 23:18| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神聖アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
写真素材 PIXTA