2012年01月26日

シルバーアート教室4

シルバーアート教室4

 昨年の2011年12月3日のシルバーアート教室の報告です。前回の「シルバーアート教室3」から始めた、UFOの形のペンダントトップ制作の続きです。

 直径2センチの円盤状の形ができるだけスムーズになるようにしていきました。

IMG_3427_800.jpg
金属ヤスリで磨き終わったところ。まだ雑ですが、円盤の曲面が出てきました。


 ある程度、金属ヤスリで磨けたら、次は紙ヤスリで磨いていきます。紙ヤスリは4種類あります。荒さの段階が4段階あります。表面のざらつきを見たり触ってみれば、粗いものから細かいものまであるのが分かりますが、微妙に同じようなものもあります。紙ヤスリの裏面には色で覚えられるように赤、青、緑などの色分けがしてあります。

IMG_3430_800.jpg
紙ヤスリで磨いて曲面が滑らかになってきました。


 センターの丸い穴を綺麗な丸にしたかったのですが、なかなか上手くいきません。磨き過ぎてしまいがちでした。鎖を通す穴をハンドドリルで開けます。

IMG_3435c800.jpg
カッターボードに寸法が付いていて、ほぼ20mmだとわかりますね。


 ある程度円盤ができたので、穴にはめ込む球体の制作を始めました。ラップにくるんで、保存用のキャップに入れてありましたが、何となく固くなっていてもう一度粘土をこねてみました。割と指先に粘土が着きます。球体の直径は9.5mmの予定なのですが、指先に着いた分の粘土で体積がわずかに少なくなったようです。穴に入れてみるとほんのわずか足りないくらいでした。

 そのためペースト状の粘土を円盤の穴と球体の間に、接着剤のようにしてつけていきます。この作業は難しいものでした。はみ出した部分の粘土は乾いてから削ることになるのですが、かなり余計に着いている感じで後で削るのが大変そうです。




ぴかぴか(新しい)
posted by ライトーダ at 17:42| 石川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | シルバーアート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
写真素材 PIXTA