2016年01月12日

「虹マンダラ」開催

「虹マンダラ」というタイトルでムービー上映とマンダラ画の展示を開催しています。

アンビエントルーム「虹マンダラ」/戸田秀昭個展
・期間:2016年1月9日(土)〜1月30日(土)午前9時〜午後5時
 毎週月曜休館 最終日午後4時まで
・場所:能美市立博物館





 宇宙の花、虹色のマンダラをイメージして、空間に映像を映しだします。
 「虹マンダラ」の宇宙的空間で、くつろぎのひと時をお楽しみください。マンダラアートの小品も展示します。

 P1060022tone600.jpg

P1060024tone600.jpg

P1060056tone600.jpg

P1060053tone600.jpg

P1060030tone600.jpg

P1060050tone600.jpg

P1060060tone600.jpg

P1060061tone600.jpg

P1060062tone600.jpg


タイトルの「アンビエント」とは、簡単には環境音楽という意味です。英国のブライアンイーノという音楽家・作曲家が提唱した言葉です。アンビエントミュージックという音楽用語になります。ゆったりとして静かめで、リズムがなかったりあったりの雰囲気ある音楽・音といった感じでしょうか。
 
アンビエントルームというのはそんな感覚で楽しめる部屋・空間です。

「虹」は七色。目で見えるいろんな色すべての色があり綺麗です。どんな人にも好きな色がある中でどこかにきっと好きな色があるのも虹色だと思います。
虹色は希望の色、夢、幸運を運ぶ架け橋でもあり、神秘さも感じます。いつのまにか現れすぐに消えていく瞬間の今の美しさがあります。でっかい虹を見るとスカット気持ちいいですね。
 
 
「マンダラ(曼荼羅)」は密教仏教を視覚化したもので、宇宙の中心でもある大日如来を含め様々な仏の姿を表したものです。空海が日本に密教そして曼荼羅をもたらしました。ここに紹介するマンダラアートは密教仏教には直接関係ありませんが宇宙をイメージした万華鏡のようなビジュアルで、あらゆるものごとを包括した様を表したものです。言葉だけでは表現できない感覚をマンダラアート、ヒーリングアートを通して視覚化を試みています。遊びの感覚を思い出し取り入れてイメージを広げていきたいです。

P1070007_600.jpg

P1070015_600.jpg

P1070009_600.jpg

P1070018_600.jpg

P1070013_600.jpg

P1070019_600.jpg

P1070022_600.jpg




 
 

以下の写真は、中 武守さんの写真です。写真提供に感謝しています。

12400630_710845972385922_7325664218444501400_n600.jpg
  
12509893_710845895719263_5789200925498609620_n600.jpg

12541050_710845955719257_4528139969661843733_n600.jpg

1909918_710845819052604_7925695815057795899_n600.jpg

12410588_710845829052603_3949140152126232323_n600.jpg

12494953_710845809052605_8232141199669448749_n600.jpg

1796518_710845762385943_6652851186560606503_n600.jpg

12400579_710845792385940_3913097710113489638_n600.jpg





posted by ライトーダ at 18:46| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Lightoda 展覧会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
写真素材 PIXTA