2012年11月15日

528Hz

528Hz 528ヘルツの音

RengeBackLight_vectorionamentBlue600.jpg

528hzSOUNDCLOUDへリンク

Music and sound can be a very powerful transformational tool for the human body and soul. However, information has come to light in recent years that our modern day musical scale has been robbed of its vast potential for healing and transformation, and there was once an even more powerful, time-honored tonal scale known as, the "original Solfeggio frequencies."

These original Solfeggio frequencies, still have the capacity to transform your life in miraculous ways. Their origins date back to ancient times when they were sung in the Gregorian chants during religious ceremonies in churches of that time. But mysteriously, around 1050 AD, they mysteriously disappeared, presumably lost forever.

These chants contained special tones or frequencies which, when sung in harmony, and in Latin, were believed to impart tremendous spiritual blessings during religious masses. Apparently, the combination of these sacred tones and the Latin intonation, had the power to penetrate deep into the recesses of the subconscious mind and promote great healing and transformation.

The Solfeggio frequencies contain the six pure tonal notes that were once used to make up the ancient musical scale, until, it has been presumed, they were altered by the Catholic Church and Pope Gregory I, (better known as "Gregory the Great"), who served from 590 to 604 AD. The Church claims that they have "lost" 152 of these amazing ancient Gregorian chants, but more than likely, they have been purposely locked away in the bowels of the Vatican archives.

One of those sacred chants, however, known as, "The Hymn to St. John the Baptist," has re-emerged and now can be found on a few select CD releases such as, "NPR Milestones of the Millennium: CHANT – Hymns and Sequences – Gloria in Excelsis Deo," which is available on the iTunes music store.

This hymn also goes by its Latin name which is, "Ut Queant Laxis Resonare Fibris [Hymn]," and can be found on the CD, "Chant II" by The Benedictine Monks of Santo Domingo de Silos. "The Hymn to St. John the Baptist" has become known as the most inspirational hymn ever written and features all six Solfeggio notes.

Our modern day musical scale is slightly out of sync from the original Solfeggio frequencies and is, consequently, more dissonant as it is based upon what is termed the "Twelve-Tone Equal Temperament." In ancient times, the musical scale was called "Just Intonation." And also, our modern music also falls within the A 440 hz frequency, which was changed from A 417 hz, around 1914.

In addition, a 7th note was added in the form of a "SI," or a "TI," as in the "DO, RE, MI, FA, SO, LA, TI" vocal scale, while the original Solfeggio scale was composed of only six notes: "UT, RE, MI, FA, SO, LA."

(For more on tuning instruments to the Solfeggio Frequencies scale please go to http://www.miraclesandinspiration.com/solfeggiofrequencies.html)


上記英文はSOUNDCLOUDのページあった文です、Google翻訳してみたのが下記です。

音楽や音は人間の身体と魂のための非常に強力な変革のツールと​​なることができます。しかし、その情報は私たちの現代音楽のスケールは癒しと変革のための広大な可能性を奪われたこと、近年で明るみに出たし、 "元のソルフェージュ周波数として知られ、さらに強力な、古来の音色のスケールは、かつてそこにあった"

これらの元のソルフェージュの周波数は、まだ奇跡的な方法であなたの人生を変える能力を持っている。彼らは当時の教会で宗教儀式の間にグレゴリオ聖歌で歌われたときに、その起源は古代にまで遡る。しかし、不思議なことに、1050年頃、彼らは不思議おそらく永遠に失われ、姿を消した。

これらの歌は、特殊なトーンやハーモニーで歌われ、ラテン語で、宗教的な大衆に莫大な霊的な祝福を与えると信じられていた、周波数が含まれていました。どうやら、これらの神聖なトーンとラテン語イントネーションの組み合わせは、潜在意識の凹部に深く浸透し、大きな癒しと変容を促進する力を持っていた。

ソルフェージュ周波数が一度、それが推定されるまで、古代の音階を構成するために使用された6つの純粋な音色のノートが含まれ、それらはカトリック教会とローマ教皇グレゴリウス私は、(より良い "グレゴリーの大"として知られている)によって変更された、590から604 ADから務めた。教会は、彼らがこれらの驚くべき古代のグレゴリオ聖歌の152 "消失"しているが、可能性が高い以上、彼らは意図的にバチカンのアーカイブの腸内離れてロックされていると主張している。

- 賛美歌聖歌:それらの神聖な歌の一つは、しかし、として知られている、 "洗礼者聖ヨハネへの賛美歌は、"そのようなミレニアムの "NPRのマイルストーンとして、いくつかの選択CDリリースに再浮上しているとすぐに見つけることができますiTunesミュージックストアで提供されていますExcelsis Deoのグロリアで、 " - とシーケンス。

この賛美歌もあり、そのラテン語名で通っている "UT Queant Laxis Resonare Fibris [賛美歌]"、および "チャントIIは"サント・ドミンゴ・デ・シロスのベネディクト会修道士によって、CDに収録されています。 "洗礼者聖ヨハネの賛歌"は、今まで書かれた最もインスピレーション賛美歌として知られるようになり、すべての6ソルフェージュノートが完備されています。

私たちの現代の音階が元ソルフェージュ周波数からの同期が少し外れているとされ、その結果、より多くの不協和音それはと呼ばれるものに基づいているように "十二音平均律"。古代では、音階は "純正律"と呼ばれた。そしてまた、我々の現代音楽はまた1914年の周りに、417 Hzから変更された440 Hzの周波数範囲内である。

また、第七ノートは、 "SI"、またはオリジナルのソルフェージュスケールがあったものの、ボーカルのスケール "、LA、TIは、SO、RE、MI、FA・DO"のように "TI"の形で追加されました唯一の6つの音符から成る。 "SO UT、RE、MI、FA、LA"

(ソルフェージュ周波数スケールにチューニングの楽器についての詳細はhttp://www.miraclesandinspiration.com/solfeggiofrequencies.htmlをご覧ください)



【癒し】壊れたDNAをも修復する「ソルフェジオ周波数」

壊れたDNAを修復する!? 祝福された幻の音「ソルフェジオ周波数」と「528Hz」マイスピ

トラウマ解放から人間関係の修復まですごい作用を持つ「ソルフェジオ周波数」(実音あり)マイスピ



528 HzSOUNDCLOUDへリンク

Love signal 528 hzSOUNDCLOUDへリンク


528 Hz Golden OmSOUNDCLOUDへリンク

528 hz section 2SOUNDCLOUDへリンク

Solfeggio 528hz - Transformations and Miracles (DNA Repair)SOUNDCLOUDへリンク

528HZ 20 minsSOUNDCLOUDへリンク

Amethyst 528hz
SOUNDCLOUDへリンク 弦楽器の音

528Hz Miracle Solfeggio FrequencySOUNDCLOUDへリンク ディジュリドゥのような音

528 Hz Heart Chackra Session DemoSOUNDCLOUDへリンク

528Hz Love SongSOUNDCLOUDへリンク ギターを弾く女性の歌





posted by ライトーダ at 20:37| 石川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
写真素材 PIXTA
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。