2009年01月27日

普及する光のアート

テレビ、照明の電気器具、ライトのように普及するアートってあるだろうか。消耗品で、必ず要るもの。ランプが切れたら新しいランプを買いに行く、パッケージを見て今回はデイライトにしてみようとか。そんな風にして、アートの絵だったりオブジェだったりを気軽に使えるものがいい。

行灯、ランプ、照明器具、ロウソク、ライト。形が面白くて、差換えもできて、気分で絵がデザインが色が変わるといい。短時間のサイクルで交換するのが落ち着かなければ、ゆっくりと変えていくのもいい。

これまで当然の様にライトだったもの、光源だったものだけでなく、それ以外のものが光ると新鮮だとおもう。究極は空気自体が光ることかな。レンブラントの絵はそんな光源で描かれていると聞いたことがある。確かに光の当て方を絵として美しいようにしている。ある特定の空間に光源があって回りを照らしている。3Dソフトでもそんな設定が出来る。好きな所を光らせることができる。

そんな発想で創るのはどうだろう。生活雑貨やインテリアが光るオブジェとなってる。よく使う品でアートでもあり、自由な感覚で色や光る具合を変えれたら生活に浸透するだろうか。

携帯のディスプレイ画面は光源になっている。くらい所を明るくするのによく使うことがあるはず。ディスプレイでなくても光っていいもの、光ると面白いものは?

光るオブジェ。光る○○○。以前、光り物シリーズで友だちとブレストした。いろいろでた。あのメモはどこへ!光るテーブルというのがあった。テーブル天板がディスプレイなら、ルミネッセンスだったら?ライトボックスにも使える。商品を置くディスプレイ。電気代がかかってしょうがない?なら、太陽光発電で。

metascript04+300RB.jpg

瞑想空間を演出する部屋はやっぱり照明も重要。低い位置のライト。ソフトな光源。間接照明。調光機器があるといい。

空間を光らせようとするなら、煙が光るというのはどうか。団扇であおげば光が動く。煙の粒子が光るなら、そのお線香やアロマみないなものを炊けば、その部屋なり空間が光る。粒子でなくても、風に揺らぐもの、超軽い素材が光ってる。布が光る。紙が光る。それ自体で光る。技術が進化すると細胞レベルのナノテクが普及すると、きっとそんなアートも夢ではないと思っている。もう一方で、ホログラムの技術が進むと空間に光が現れるのかも。お手軽がいいな〜。


簡単に気軽に光るアートがあるといい。普及するアート。光るアートを創ろう。


posted by ライトーダ at 15:30| 石川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

『光の霊山シリーズ』

HakusanMirrorGate3R 300.jpg


『光の霊山シリーズ』

光の霊山シリーズは白山からスタートした。
この絵はいくつものことが合わさって一つの象徴とし現れて来た。

ずっとテーマとして持ち続けているものは、光の場を創るということ。
光という魂をもった人が集まってくる場所を創ること。
この場に居合わせるみんなの持っている光の性質が、より輝く光りとなりつながっていく。
光という宇宙に、宇宙という光に繋がる空間をつくる。
その場は日々の祈りとなり、神聖なセレモニーのようになり、
今生かされている喜びを、愛を、光を、感じて受けとる。
と同時に、光と愛と喜びにして発信する。光を受けつつ、光を発する。
煌めくリズムとなり、音となり、歌となり、光の言葉となり、絵となり、ダンスとなり、
それが楽々とスムーズに安心してできる所。そんな空間が欲しいといつも思っている。
そんなスペースを創れないものだろうか。

「光の霊山シリーズ」は、経験したことや出会った事象が複合的に混ざり合い生まれた。
言霊、友人の意識不明と死、フラワーオブライフ・神聖幾何学の勉強会、
アセンションマニュアルという本にでてくる光の玉を使う瞑想法、マカバ瞑想、
万華鏡やシャンバラからの反転や鏡像の感覚、天地の光のラインイメージ、
瞑想で現れた三つ巴のような規則的な光の動き、白山という霊山・霊統的な意味合い、
または白山王国というお話し、白山の見える地に住んでいることなど、
2003年ころからの様々なことが合わさり創造されたひとつの形が「光の霊山シリーズ」である。

晴れた日に白山の美しい姿を見ると、生きていてほんとに良かったと思う。
美しくも白き山を今こうして見れることに、よくぞ生まれてきたと感激する。
白山は誰でもが見れる、冬の季節には白く光る山として存在している。
誰かと一緒に眺めるだけで、気持ちがつながれたような気がする。
地表に現れた白いシンボルの白山は地中のふところ深く地球の内部にまでつながっている。
地球の中心から白山を通って天空にむかう光のラインがあると思うと、かっこいい。
雄大な山より更に巨大なスケールのラインが宇宙空間にまで続いている。
私達の生も魂も、連綿と存続しながらつながっている。白山も私達も生きていてつながっている。
宇宙にも銀河にもある共通構造としての神聖幾何学。全宇宙共通の光の記号として発光し輝く。
作品もふくめて、光の繋がりは変化しながらも続いていく。その大きな輝く流れの中にある。
この世界は美しく、光があって愛があって喜びがある。
嬉しくて涙がでるくらい、喜びで大笑いするくらい、
素晴らしく恵まれた所に私達は生かされている。

美しく輝きある光のアート創りに喜び溢れますように。
光の共同創造プロジェクトの一員としてクリエイトさせていただきます。


光の共同創造プロジェクトについて、
mixiにコミュニティが有りますのでリンクしておきます。
光の共同創造プロジェクト/ミクシィコミュ


posted by ライトーダ at 15:39| 石川 ☁| Comment(0) | 神聖アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
写真素材 PIXTA